忍者ブログ

神奈川大学三浦半島 宮陵会

会員からのお便り32

会員からのお便り32  内藤正久   〔2012.10.19〕
 
◎スズメとニュウナイスズメ
 
 今月の鳥は、お馴染みの鳥、スズメをご紹介いたします。

 分類はスズメ目スズメ科で、西はポルトガルから東は日本までユーラシア大陸の広い範囲に分布する鳥です。ただし、北緯60度以北の地域や高地にはいません。

 日本に生息する個体数は、1800万羽程で、1960年代に比べ10分の1程に激減していると環境省では発表しています。原因としては、瓦屋根や建物の隙間が減り巣作りの場所少なくなったとか、田畑のコンバインの普及で餌となる落ちモミが減ったとか、都市部での空き地や草原の減少、減反による水田面積が減った等が理由として挙げられています。
 全長は14~15cm、体重は18~27gと鳥の大きさを比較する場合の「ものさし鳥」と呼ばれる基本種です。
 スズメの寿命はよく分かっていませんが、ヨーロッパの標識調査からの推定では、秋頃捕獲された雛が、翌年の春を迎えるまでの生存率は49%、その後の生存率は年当たり32%となっており、この値が日本でも当てはまるとすると、秋頃生まれた個体の期待余命は1.4か月程、1年目の春を迎えた個体の期待余命は1年程ということになり、短いと驚かれると思います。
 さて、今月はスズメとよく似ていますが、頬に黒い班がないニュウナイスズメもご紹介します。日本では北海道の平地や林、本州中部以北の山地で目にします。写真で頬の「黒い班」があるかどうかを確認してみてください。あればスズメ、なければニュウナイスズメです。

41f5983e.jpeg  1df7700c.jpeg


PR
  

サイト内検索

バーコード

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Copyright ©  -- 神奈川大学三浦半島 宮陵会 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]